当記事はアフィリエイト広告を利用しています
エックスサーバーの初期ドメインで稼ぐ方法

エックスサーバーでレンタルサーバーを契約すると、無料で利用できる「初期ドメイン」が付与されます。
しかし、多くの方が独自ドメインを取得されており、初期ドメインは放置されています。

そこで今回は、エックスサーバーの初期ドメインで収益化を成功させる秘訣について解説します。

エックスサーバーの初期ドメインの活用を検討されている方は、ぜひ参考にして下さい。

\エックスサーバーのお申込みはコチラ↓/
10日間無料お試し・独自ドメイン永久無料特典あり!

エックスサーバーの初期ドメインについて

初期ドメインとは?

エックスサーバーの初期ドメインは、契約する必ず利用できる無料のドメインです。

エックスサーバーの初期ドメインの形式
サーバーID.xsrv.jp
※「サーバーID」は、エックスサーバー申し込み時に設定するIDです。

エックスサーバーが所有するドメイン「xsrv.jp」をサブドメイン形式式で利用することができます。
サーバー1契約ごとに1つ利用することができ、無料で利用できます。

その為、ドメイン費用を節約することもできます。

ただ、多くの方が初期ドメインは利用せず、独自ドメインを取得されています。

エックスサーバーの初期ドメインは、他社の初期ドメインと比べてもSEO効果が高いのが特徴です。
特にアフィリエイトの世界では積極的に活用したいドメインです。

独自ドメインと初期ドメインについて

まずは、独自ドメインと初期ドメインのメリット・デメリットを確認してみましょう。

独自ドメインのメリット・デメリット

独自ドメインのメリットは2つです。

  • 好きな文字列でドメインを取得できる
  • ブランドイメージの向上になり、信頼感を与え、ユーザーの記憶に残りやすい

独自ドメインを利用する場合には、好きなドメイン名を取得できるのが大きなメリットです。

例えば、会社名やサービス名、商品名、メディア名でドメインを取得することもできます。
その為、ブランドイメージの向上にもなり、ユーザーの記憶にも残りやすくなります。

次は、独自ドメインのデメリットを3つチェックしてみましょう。

  • ランニングコスト(毎年の更新料)がかかる
  • ドメインとサーバーを紐づける設定が必要
  • アクセスが増えるまで時間が掛かる

独自ドメインは、年間で1,500~3,000円程度のコストが掛かります。

また、取得したドメインとサーバーを紐づける必要があり、その点では初心者には少しハードルが上がります。

そして、一番のデメリットは、Googleからの評価が全く付いていないところです。
当然被リンクも付いていなく、アクセスが増えるまでには時間が掛かります。

その為、アフィリエイトで利用する場合には、収益化までに最低でも半年~1年は掛かります。

初期ドメインのメリット・デメリット

初期ドメインのメリットは4つです。

  • ドメインの取得費用がかからない
  • ランニングコスト(毎年の更新料)がかからない
  • 手軽に始められで、すぐに運用を開始できる
  • SEO効果を期待できる

エックスサーバーの初期ドメインは、無料で提供されるドメインです。
その為、ドメインの新規取得費用が掛からず、毎年の更新費用も掛かりません。

また、面倒な設定が不要なので、初心者でも気軽に利用できるのもメリットになります。

さらに、メインとなる「xsrv.jp」が既にGoogleから評価を得ており、サブドメイン形式の初期ドメインもその評価を引き継ぐことができます。
その為、既にSEO効果をある程度期待できるのも初期ドメインのメリットになります。

次は、初期ドメインのデメリットを2つチェックしてみましょう。

  • ブランドイメージが弱い
  • 借り物のドメインで信頼性が低い

エックスサーバーのサーバー名が含まれているため、独自ドメインと比べてブランドイメージが弱いです。

また、初期ドメインはあくまでエックスサーバー所有の「xsrv.jp」で作成しているサブドメインです。
つまり、「サーバーID.xsrv.jp」はエックスサーバーから借りているドメインとなり、自身のドメインではありません。

その為、会社サイトなどで使用すると、WEBサイトの信頼性が下がります。

独自ドメインと初期ドメインの主な違い

独自ドメインと初期ドメインの主な違いは、3つです。

  • ドメイン費用が掛かるかどうか
  • ブランドイメージにつながるかどうか
  • 初期段階でのSEO効果

まず、大きな違いと言えば、初期ドメインは無料、独自ドメインは有料(毎年更新料が発生)という点ですね。

さらに、独自ドメインはWEBサイトのブランドイメージにもつながります。

一方で、初期ドメインはメインドメインの評価を引き継げるので、運用開始時に既にSEO効果があります。
それにより、独自ドメインよりも早い段階で収益化を期待できます。

ただ、メインドメイン「xsrv.jp」の評価を100%引き継げるわけではありません。
その点は注意して下さい。

エックスサーバーの初期ドメインで稼ぐ2つの方法

1. アフィリエイトで収益化する

代表的な方法としては、アフィリエイトでの収益化が上げられます。

ブログで商品やサービスを紹介し報酬を得る方法で、初期ドメインでブログを立ち上げ、良質な記事を投稿することで、収益化を目指せます。
WordPressのインストールも簡単に行えるので、直ぐにブログを開始できます。

しかも、エックスサーバーの初期ドメインはSEO効果が高く、新規ドメインと比べても早い段階での収益化を期待できます。

アフィリエイトの具体的なステップ

  1. テーマ選び:収益化しやすいテーマを選択する

    • 表示速度の速いテーマを選ぶ
    • アフィリエイトに最適化されたテーマを選ぶ
  2. 記事作成:良質なコンテンツを継続的に投稿する

    • 独自性の高い記事を作成する
    • 読者の役に立つ情報を提供する
    • 検索エンジンに最適化された記事を作成する
  3. SEO対策:検索エンジンからの流入を増やす

    • キーワード選定
    • タイトルタグやメタディスクリプションの設定
    • 内部リンクの設定
    • 被リンク獲得
  4. アフィリエイトプログラムへの参加:報酬単価の高いプログラムを選択する

    • 信頼できるプログラムを選ぶ
    • 商品やサービスに関連性の高いプログラムを選ぶ

2. 情報発信を行う

自身の専門知識や経験に基づいた情報を発信し、収益化する方法です。
ブログやSNSなどを活用して、記事広告やコンサルティング、商品販売などを行えます。

例えば、
①、企業メディアを立ち上げて情報発信を行う

②、そのメディアから自社サービスや自社製品の購入サイトへ誘導
という流れだとスムーズに収益化を行えます。

ポイント

  • ターゲットを明確化:誰に向けて発信するかを決める
  • 専門性を高める:独自の知識や経験を磨く
  • 信頼関係を築く:読者とのコミュニケーションを大切にする
  • 収益化モデルを検討:適切な収益化方法を選択

情報発信を行う場合は、X(旧ツイッター)などのSNSやメルマガも同時に活用するのもおすすめです。
ブログ単体での運用よりもユーザーを獲得しやすく、収益化にも結び付けやすいです。

エックスサーバーの初期ドメインで稼ぐためのポイント

  • 継続的に運用する
  • SEO対策をしっかりと行う
  • コンテンツの品質を高める

継続的にブログの更新を行う

初期ドメインで収益化を行うには、継続的にブログの更新を行うことが大切です。

新規ドメインと比べると早い段階での収益化を期待できます。
ですが、やはり継続的に記事の作成・更新を行い、ブログ全体の質を高めていくことが重要です。

SEO対策をしっかりと行う

また、SEO対策もしっかりと行う必要があります。

まずは、内部SEO対策を行い、Googleへ記事コンテンツの中身を正確に伝えることが重要です。

例えば、タイトルタグ、メタディスクリプション、Hタグの最適化が重要です。
また、内部リンクを適切に設定し、Googleクローラーの巡回効率を高めることも大切です。

さらに、記事更新を続けつつ、外部SEO対策として被リンク獲得を目指すことも重要です。
被リンクの獲得は、検索順位に大きく影響するので、非常に重要なSEO対策になります。

コンテンツの品質を高める

今は、SEO対策も重要ですが、それ以上に重要なのがコンテンツです。

良質なコンテンツの作成や、ユーザーが求めているコンテンツ作成をしっかりと意識しましょう。

また、独自性のあるコンテンツ作成が非常に重要です。
他ブログと同じ内容の記事を書いていてもなかなか勝てないので、あなた独自のコンテンツも重要になります。

例えば、独自コンテンツを作るには、以下のような対応がおすすめです。

独自コンテンツの作り方
  • アンケートを利用する
  • 独自で商品・サービスを使ってみて使い方などを丁寧にまとめる
  • 実際に商品・サービスを使ってみてレビューを行う
  • 英語の情報を翻訳して日本語で分かりやすく説明する

独自性のあるコンテンツを作る方法は他にもたくさんあるので、そこはしっかりと考えてみましょう。

エックスサーバーの初期ドメインは本当にSEO効果が高い?

まずは、上位表示されている検索結果を実際に見てみましょう。
Googleでの検索結果事例1
Googleでの検索結果事例2
Googleでの検索結果事例3
Googleでの検索結果事例4

調べてみると、他にもエックスサーバー初期ドメインで上位表示されている記事はいくつか見つかりました。
このように、エックスサーバーの初期ドメインでも問題なく上位表示されていることが分かります。

ただ、個人的な感覚で言うと、シンレンタルサーバーの初期ドメインの方がよりSEO効果が高いように思います。
実際に、エックスサーバーよりも上位表示されているWEBサイトの数が多かったです。

最後に

今回は、エックスサーバーの初期ドメインについてのお話になりました。

初期ドメインを利用することで手軽にWEBサイトの運用を開始することができます。
ドメイン取得費用も掛からないので、WEBサイトの運用コストを抑えることもできます。

エックスサーバーの初期ドメインはSEO効果が高く、積極的に活用したいドメインです。
特に、アフィリエイトでの収益化を目指している方には最適なので、ぜひ活用していきましょう。

\エックスサーバーのお申込みはコチラ↓/
10日間無料お試し・独自ドメイン永久無料特典あり!
おすすめの記事