当記事はアフィリエイト広告を利用しています
エックスサーバーのファイルマネージャを利用する方法

今回は、エックスサーバーのファイルマネージャについて説明します。
使い方も画像付きで説明しているので、エックスサーバーを利用されている方は参考にして下さい。

\エックスサーバーのお申込みはコチラ↓/
10日間無料お試し・独自ドメイン永久無料特典あり!

ファイルマネージャとは何?

ファイルマネージャとは、WEBブラウザ上でファイルやディレクトリの作成や編集、削除などを行える機能です。

一般的に、WEB制作の現場でFFFTPなどのツールを使ってファイル・ディレクトリの操作を行います。

ですが、FFFTPの操作はWEB制作者向けになるので、初心者の方にとっては難しかったりします。
そこで、ファイルマネージャを利用することで、誰でも簡単にサーバー上のファイル・ディレクトリの操作が可能になります。

エックスサーバーのファイルマネージャでは、以下のような操作を行えます。

  • ファイル・ディレクトリの新規作成
  • ファイルのコピー
  • ファイル・ディレクトリの編集
  • ファイルのアップロード
  • ファイル・ディレクトリのダウンロード
  • ファイル・ディレクトリの圧縮
  • 圧縮ファイルの展開
  • ファイル・ディレクトリの削除
  • ファイル・ディレクトリの名称変更
  • ファイル・ディレクトリのパーミッション変更

因みに、.htaccessファイルを編集する場合は、サーバーパネル上に専用の編集機能が用意されています。
.htaccessの編集を行う場合には、こちらの記事を参考にして下さい。

エックスサーバー ファイルマネージャの使い方

エックスサーバーでは、サーバーパネルからファイルマネージャを利用することができます。
まずは、サーバーパネルへログインして下さい

ファイルマネージャへは、以下のURLから直接ログインすることもできます。
https://secure.xserver.ne.jp/xapanel/login/xserver/ftp/
※FTPアカウントでログインして下さい。

サーバーパネルへログインすると、画面上部にある「ファイルマネージャ」を選択します。
エックスサーバーのサーバーパネル

このようなファイルマネージャーの画面が開きます。

エックスサーバーのファイルマネージャ

ファイルマネージャを開くと、該当ドメインの公開ディレクトリに移動します。

公開ディレクトリとは、ドキュメントルートなどとも言い、WEBサイトを公開するためのHTMLファイルや画像、CSSなどをアップロードする領域です。
エックスサーバーでは、サーバーパネルから「ドメイン設定」を行うと、自動で公開ディレクトリも作成されます。

エックスサーバーの場合、公開ディレクトリは「ドメイン名 → public_html」になっています。

例えば、当WEBサイトであれば「sabameijin.com」ディレクトリの直下にある「public_html」ディレクトリが公開ディレクトリです。
※左カラムのディレクトリ名をクリックしていくと、公開ディレクトリを開けます。
エックスサーバーのファイルマネージャ
画面の右側に表示されているファイルやディレクトリが、実際に公開ディレクトリにアップロードされているものです。

因みに、上記画像はWordPressをインストールしている場合のファイル構成です。
WordPressをインストールしている場合は、どのサイトも同じ構成になっています。

それでは、実際にいくつかの操作を行ってみましょう。

例えば、ファイルを新規に作成する場合には、画面上部にある「新規ファイル」というメニューを選択して下さい。
新規ファイルの作成

このような画面が立ち上がるので、ファイル名を入力し「作成」をクリックします。
新規ファイルの作成

これで、ファイルが新規に作成されます。

新規ファイルの作成

ファイルではなくディレクトリを新規に作成する場合には、「新規ファルダ」を選択して同様の手順で操作してください。

次は、ファイルの編集方法を紹介します。
今回は、試しに上記で作成した「test.php」というファイルを編集してみます。

まず、該当ファイルを選択した状態(カーソルを合わせてワンクリック)にして、「編集」というメニューをクリックして下さい。
ファイルの編集

このような編集が立ち上がるので、編集内容を記述して「更新」をクリックして下さい。
ファイルの編集

また、不要になったファイルを削除する場合には、該当ファイルを選択して「削除」をクリックします。
ファイルの削除

確認画面が立ち上がるので、このまま削除して問題が無ければ「完全に削除」をクリックします。
ファイルの削除
ディレクトリを削除する場合も同様の流れで行って下さい。

他の作業も同様に、選択して該当メニューをクリックすることで行うことができます。

因みに、「圧縮」は、ZIP、GZIP、TARのいずれかの形式に圧縮できる機能です。
逆に、「展開」を利用することで、アップロードした圧縮ファイルを解凍することができます。

また、画像などをサーバー上にアップロードする場合には、「アップロード」のメニューを利用して下さい。

最後に

今回は、エックスサーバーのファイルマネージャについて説明しました。

ファイルマネージャを利用することで、FFFTPを利用しなくてもファイルの作成や編集、削除などを行えます。

\エックスサーバーのお申込みはコチラ↓/
10日間無料お試し・独自ドメイン永久無料特典あり!
おすすめの記事