当記事はアフィリエイト広告を利用しています
エックスサーバーでサブドメインの追加を行う方法

エックスサーバーのレンタルサーバーでサブドメインを追加する方法を説明します。

既に取得済みドメインのサブドメインを発行して利用する機会も多いです。
その場合には、こちらの記事を参考にしてください。

エックスサーバーでサブドメインの追加を行う方法

今回は、エックスサーバーで追加済みのドメインのサブドメインの追加方法になります。
もし、他社管理のドメインでサブドメインを発行する場合にはドメイン追加から行ってください。

サブドメインの追加を行う方法

サブドメインの追加は、レンタルサーバーのサーバーパネルから行います。
サーバーパネルのログイン画面:https://secure.xserver.ne.jp/xapanel/login/xserver/server/

サーバーパネルにログインすると「サブドメイン設定」というメニューがあるので、それをクリックしててください。
エックスサーバーのサーバーパネル

ドメインの選択画面に移動します。
ドメイン選択
今回は、「sabameijin.net」というドメインのサブドメインを追加してみます。

サブドメインの一覧画面に移動しますが、現時点では1件も登録していないので何も表示されていません。
サブドメイン設定一覧
「サブドメイン設定追加」というタブを選択してください。

サブドメインの設定画面へ移動します。
サブドメイン設定追加
「サブドメイン名」「ドキュメントルート」「無料独自SSLを利用する」の設定を行います。

「ドキュメントルート」については、FFFTPなどでサーバーへアクセスされる場合には、管理しやすい方を選択してください。
よく分からなければデフォルトのままでOKです。

また「無料独自SSLを利用する」のチェックは入れたままにしておきましょう。

今回は「dev.sabameijin.net」というサブドメインを作ってみるので、このように設定してみます。

サブドメイン設定追加
各項目の設定が完了したら、「確認画面へ進む」をクリックしてください。

サブドメイン設定追加確認画面
内容をチェックして問題が無ければ「追加する」をクリックしてください。

これでサブドメインの追加作業が完了です。
サブドメイン設定追加完了画面
再度「サブドメイン設定一覧」のタブを開いてください。

このようにサブドメインが追加されていればOKです。
サブドメイン設定一覧
ただし、追加直後だと「反映待ち」になっています。

ブラウザからサブドメインへアクセスすると、このように「無効なURLです。」という表示になります。
サブドメインの反映待ち画面
通常は30~60分ほどで設定が反映されるので、しばらく待ちましょう。

このように「反映待ち」が消えればOKです。
サブドメイン設定一覧
ブラウザからアクセスしてエックスサーバーの初期画面が表示されているはずです。
サブドメインの反映後の画面

サブドメインの追加を行う方法のまとめ

エックスサーバーでサブドメインを追加する方法をまとめました。
取得済みドメインのサブドメインを発行して利用したい場合には、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

\エックスサーバーのお申込みはコチラ↓/
10日間無料お試し・独自ドメイン永久無料特典あり!
おすすめの記事