当記事はアフィリエイト広告を利用しています
ロリポップ!とエックスサーバーは何が違う!機能・速度・サポートを徹底比較!

ロリポップ!とエックスサーバーと言えば、国内シェア上位2社のレンタルサーバーです。

hostadvice-日本のウェブホスティングのシェア
参照:HostAdvice

WEBサイトを運営する場合、レンタルサーバーの選び方はとても重要な要素です。
ですが、現在はレンタルサーバーが無数に存在し、特に初心者の方だとどのサービスを利用すればいいのか迷いますよね。

そこで、今回はロリポップ!とエックスサーバーの2社の違いについて重要ポイントを押さえて説明します。
レンタルサーバー選びで迷っている方は、ぜひ参考にして下さい。

ロリポップ!とエックスサーバーを比較!

今回は、7つの重要なポイントを押さえて、ロリポップ!とエックスサーバーを比較してみます。

  1. 機能・仕様
  2. サーバースペック
  3. 速度
  4. サポート面
  5. セキュリティ
  6. 利用料金
  7. WordPress機能

1. 機能・仕様を比較

まずは、主な機能・仕様についてロリポップ!とエックスサーバーを比べてみましょう。

ロリポップ!エックスサーバー
WEBサーバーLiteSpeed
※スタンダード以下はApache2.4.x
Nginx
通信プロトコルHTTP/2HTTP/2
独自ドメイン数
(マルチドメイン)
無制限無制限
ストレージSSDNVMe SSD
容量■エコノミー:120GB
■ライト:350GB
■スタンダード:450GB
■ハイスピード:500GB
■エンタープライズ:1.2TB
■スタンダード:300GB
■プレミアム:400GB
■ビジネス:500GB
転送量無制限無制限
データベースMySQL、SQLite
※エコノミーはMySQL利用不可
MySQL(MariaDB)、SQLite
プログラム言語PHP、Perl、Ruby、PythonPHP、Perl、Ruby、Python
PHP
バージョン
■PHP7.4
■PHP8.0~8.3
■PHP5.1.6~5.6
■PHP7.0~7.4
■PHP8.0~8.3
PHP
動作モード
■エコノミー:CGI版
■ライト:CGI版/モジュール版
■スタンダード:CGI版/モジュール版
■ハイスピード:LiteSpeed版(LSAPI)
■エンタープライズ:LiteSpeed版(LSAPI)
FastCGI
WordPress簡単インストール機能あり簡単インストール機能あり
バックアップ機能自動バックアップ自動バックアップ
その他SSL、ファイルマネージャー、FTP、.htaccess、CronSSL、ファイルマネージャー、FTP、.htaccess、Cron

大きな違いと言えば、WEBサーバーとストレージです。

特に、エックスサーバーはストレージにより高速なNVMe SSDを採用しており、高速化を図っています。

ただ、容量に関しては、ロリポップ!は120GB~1.2TB(1,200GB)と幅があり、大容量サーバーにも対応しています。

また、PHPに関してもチェックしてみましょう!

エックスサーバーではPHP5.1.6~5.6と旧バージョンも利用できます。
PHPを実行する動作モードもロリポップ!とエックスサーバーでは全く異なりますね。

データベースに関してもチェックしてみましょう。
ロリポップ!ではMySQLを採用していますが、エックスサーバーは正確にはMariaDBを採用しています。

MySQLとMariaDBは別のデータベースソフトです。
ただ、MariaDBはMySQLと高い互換性を持ち、実質的に大きな違いはありません。

因みに、SQLiteは軽量なデータベースで、小規模なWEBアプリケーションでよく利用されます。

2. サーバースペックを比較

サーバースペックに関しては、ロリポップ!は非公開となっており、比較することができません。
一応、表でエックスサーバーのスペックだけ確認しておきましょう。

ロリポップ!エックスサーバー
マシンスペック非公開メモリ 1.5TB / vCPU 256コア
契約毎のスペック非公開■スタンダード:メモリ 8GB / vCPU 6コア
■プレミアム:メモリ 12GB / vCPU 8コア
■ビジネス:メモリ 16GB / vCPU 10コア

エックスサーバーでは、契約者ごとにリソースが保証されており、一番下のスタンダードプランでも「メモリ 8GB / vCPU 6コア」もあります。
スペックがかなり高く、その点でエックスサーバーでは高速で安定したWEBサイトの表示を期待できます。

3. 速度を比較

ロリポップ!とエックスサーバーで、速度に大きく関わる仕様や機能も比べてみましょう。

ロリポップ!エックスサーバー
WEBサーバーLiteSpeed
※スタンダード以下はApache 2.4.x
Nginx
通信プロトコルHTTP/2HTTP/2
ストレージSSDNVMe SSD
RAID構成オールSSDオールNVMe SSD
サーバースペック非公開メモリ 1.5TB / vCPU 256コア
KUSANAGI×
LiteSpeed Cache×
PHP
動作モード
■エコノミー:CGI版
■ライト:CGI版/モジュール版
■スタンダード:CGI版/モジュール版
■ハイスピード:LiteSpeed版(LSAPI)
■エンタープライズ:LiteSpeed版(LSAPI)
FastCGI
PHP高速化モジュールOPcacheOPcache
高速化設定機能■アクセラレータ■Xアクセラレータ
■XPageSpeed
■ブラウザキャッシュ設定

このように比べてみると、高速化に関しては両サーバーでかなり異なりますね。

例えば、ストレージを比べると、エックスサーバーはより高速なNVMe SSDを採用しています。

エックスサーバーではKUSANAGIを搭載していますが、ロリポップ!では搭載していません。
ですが、ロリポップ!ではLiteSpeed Cacheという高速化プラグインを利用することができ、WordPressの高速化を図ることができます。

ただ、LiteSpeed Cacheは、WEBサーバーにLiteSpeedを搭載しているサーバーでのみ使用できるプラグインです。
その為、ロリポップ!のハイスピードプラン以上でのみ利用できるプラグインになります。

また、動作モードの処理速度は以下になります。

CGI版 < モジュール版 = FastCGI < LiteSpeed版

4. サポート面を比較

ロリポップ!エックスサーバー
電話平日 10:00~18:00
※スタンダード以上で利用可
平日 10:00~18:00
メール24時間365日受付24時間365日受付
チャット平日 9:30~13:00 / 14:00~17:30平日 10:00~18:00
その他
問い合わせ方法
AIチャット(24時間365日)チャットボット(24時間365日)
応答時間ハイスピード以上は数時間~原則24時間以内24時間以内

ロリポップ!もエックスサーバーも、電話・メール・チャットでの問い合わせが可能です。
ただ、ロリポップの電話サポートはスタンダードプラン以上で利用できるサービスになっています。

また、両サーバー共に自動応答のチャットサービス(AIチャット・チャットボット)を利用できます。

こうやって比べてみると、ロリポップ!とエックスサーバーに大きな違いは見られないです。
ですが、ロリポップ!は上位プランになるほどサポート内容が充実しているイメージですね。

5. セキュリティで比較

ロリポップ!エックスサーバー
主なセキュリティ■WAF
■海外アタックガード(海外IPアドレス制限)
■WAF
■セコムセキュリティ診断
■Web改ざん検知(ビジネスプランのみ)
WordPress
に関するセキュリティ
-■ログイン試行回数制限
■国外IPアドレスからのアクセス制限
■大量コメント・トラックバック制限
■国外IPアドレスからのコメント・トラックバック制限
メール
に関するセキュリティ
■メールウイルスチェック機能
■迷惑メールフィルタ機能
■POP over SSL
■SMTP over SSL
■IMAP over SSL
■送信ドメイン認証(SPF、DKIM、DMARC)
■アンチウィルス機能
■スパムフィルター機能
■高性能スパムフィルタ
■POP over SSL
■SMTP over SSL
■IMAP over SSL
■送信ドメイン認証(SPF、DKIM、DMARC)
FTP■FTP over SSL
■IPアドレスによる接続制限
■FTP over SSL
■IPアドレスによる接続制限

大きな違いは、エックスサーバーではWordPressに関するセキュリティ設定を行えるところです。
プラグインなしで様々なセキュリティ設定が可能で、WordPressを安全に運用することができます。

6. 利用料金を比較

ロリポップ!とエックスサーバーの利用料金を比べてみます。

ただ、両サーバーでプラン数も異なり比較しづらいです。
そこで、今回はよく比較されるロリポップ!の「ハイスピードプラン」とエックスサーバーの「スタンダードプラン」を比べてみましょう。

ロリポップ!
(ハイスピード)
エックスサーバー
(スタンダード)
容量500GB300GB
1ヶ月契約月額1,430円-
3ヶ月契約月額1,320円月額1,320円
6ヶ月契約月額1,210円月額1,210円
12ヶ月契約月額990円月額1,100円
24ヶ月契約月額935円月額1,045円
36ヶ月契約月額550円月額990円

料金に関しては、12ヶ月契約以上になるとロリポップ!の方が安いです。
特に、36ヶ月契約だとかなり安くなるので、長期利用を検討されている方にはロリポップ!のハイスピードプランがおすすめです。

ロリポップ!には格安プランもあります。

ロリポップ!はもともと格安サーバーとして知られており、今でも格安プランが残っています。

ロリポップの格安プラン
  • エコノミー:99~198円
  • ライト:220~550円

エックスサーバーには格安プランが無いのも、両サーバーの大きな違いですね。

ただ、上位プランは通常プランと比べて様々な点で劣るので、そこは理解して利用しましょう。
また、エコノミープランではMySQLを利用できないので、WordPressを利用する方はライトプランを利用して下さい。

7. WordPress機能を比較

ロリポップ!もエックスサーバーも、WordPressインストール機能を搭載しています。
その為、初心者の方でもWordPressを利用することができます。

他にも、WordPressに関する機能を設定しているので、その機能も比べてみましょう。

ロリポップ!エックスサーバー
■WordPress簡単インストール
■WordPress簡単引っ越し
■WordPressテーマ購入
■WordPress簡単インストール
■WordPress簡単移行
■WordPressセキュリティ設定
■WordPressリカバリー
■WordPressテーマ管理

名称は違いますが、「WordPress簡単引っ越し」と「WordPress簡単移行」は同じ機能で、他社レンタルサーバーにインストールしたWordPressを簡単に移行してこれる機能です。

また、エックスサーバーには「WordPressリカバリー」という機能があります。

バージョンアップや外部からの攻撃など、様々な理由でWordPressに不具合が発生することもあります。
その場合に、不具合の原因を検知して復旧してくれるのが、WordPressリカバリーという機能です。

WordPressに関する機能の多さでは、エックスサーバーの方が運用しやすそうです。

ロリポップ!とエックスサーバー、結局どっちを選ぶべき?

WEBサイトの表示速度・安定性を優先するなら、Nginxを搭載・NVMe SSD採用、かつ高スペックなサーバーマシンを採用しているエックスサーバーをおすすめします。

また、豊富な機能やWordPressセキュリティを重視される方もにエックスサーバーがおすすめです。

逆に、ロリポップ!は、料金重視の方におすすめです。
それに、ロリポップ!も、LiteSpeedを搭載するハイスピードプラン以上ならかなり高速です。

【エックスサーバーがおすすめな人】

  • WEBサイトの高速表示・安定性を求める方
  • 豊富な機能を求める方
  • WordPressのセキュリティ重視の方

【ロリポップ!がおすすめな人】

  • WEBサイトの高速表示を求める方(ハイスピード以上)
  • サーバーを長期契約で申し込みたい方
  • 格安料金のサーバーを利用したい方

ロリポップ!は36ヶ月の長期契約で、ハイスピードプランも月額550円とかなり安い料金で料金で利用できます。
高速なサーバーを長期利用するのにおすすめのプランです。

まとめ

今回は、ロリポップ!とエックスサーバーを比べてみました。

共に大人気のレンタルサーバーで、それぞれにメリット・デメリットはあります。

ですが、特におすすめなのは、高性能なサーバーを採用しているエックスサーバーです。
高速かつ安定したWEBサイトの運営を期待できるので、とてもおすすめです。

ただ、ロリポップ!もハイスピードプランは高速で、しかも長期利用で月額550円とかなり安く利用できます。

ロリポップ!とエックスサーバーで迷われている方は、当記事を参考にしていただければ幸いです。

おすすめの記事